So-net無料ブログ作成
バイオリンレッスン ブログトップ

キットバイオリンKityKite 歌う [バイオリンレッスン]

今日はバイオリンレッスンの日である。

クライスラーの「プレリュードとアレグロ」の最初の部分は今日で一旦完成にしようと、前回先生と話をしていて、準備を進めてきた。

とまぁ、ここからレッスンの話をしてもいいのだが、右手首が脱力していないとか、右手と左手がバラバラとか、音程がおかしいとか、和音が・・・などと、書き始めるときりがないので(笑)、それは、とりあえず置いておく

さて、6800円のバイオリンキットKityKiteバイオリン キット【サイズは2タイプ】 1/2・4/4であるが、先生に見せ6800円だと言ったら驚いていた。
「え~、これ弓も付くのですか!?」
楽天の販売サイトを見てもらって、
「1/2もあるんですね~、子供たちにいいかも」
と、結構評判がいい。

うん、それでは、この機会に先生にちょこっと弾いてもらおうと思い、ついでにブログに載せられたらもっといいかもと、
「録音して、ブログに載せてもいいですか?」
とお願いし、録音させてもらった。

これが、先生が弾くKityKiteの音である

私はずうずうしいので、「もう一台の私の作った楽器の方もお願いします」とお願いし、eagleでも弾いてもらった。

こちらは、先生の弾くEagleの音である。

先生の録音は、楽器も弓も肩当も全て私のものを使ったので、同一の条件での録音である。昨日の、自分のスケールの音は、技術の下手さによる音質の低下を避けようという私なりの気持ちでスケールだけの録音にしたのであったが、先生の音を聞くと、大きなショックを受けてしまった。

なんと、あのKityKiteもEagleも実に気持ちよさげに歌うではないか!

(私の録音時には問題ない入力レベルだったが、先生は音が大きく、クリッピングレベルを超えて、一部音がつぶれているが、これは私の録音技術の問題であり、先生には落ち度はないことに注意)

やはり、バイオリンは奥が深い、たかが、弓で擦るだけなのに、どうしてこう決定的なまでに音が違うのだろう~
(しかも、私の音が悪いのは楽器のせいであるとか弓のせいであるとかの言い訳は全く通用しないことが証明されてしまった 涙)

ただ、KityKiteの音は、やはり、「音が内にこもった感じですね」との評で、今後の調整の余地は大きくあるのである。


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2月最初のヴァイオリンレッスン [バイオリンレッスン]

今日は、2月に入って最初のレッスン日であった。
朝、少し部屋を片付けてから練習をしようと考えていたら、思ったより部屋が散らかっていて、練習時間はどんどん少なくなっていく。

練習の前には当然ながらチューニングである。
先日、楽天で購入したクロマチックチューナー

クロマチックチューナーBC2000

を使ってみようと、自作バイオリンeagleの音を出してみる。

ぉ、少しG線の音が低いかな?
じゃぁ、

ヴァイオリン各駅停車―Guide to the violin

ヴァイオリン各駅停車―Guide to the violin

  • 作者: 森元 志乃
  • 出版社/メーカー: レッスンの友社
  • 発売日: 2000/09
  • メディア: 単行本

の本に出ていた方法で、調弦してみよう。

明日のための調弦その一、
ヘッドを指で挟みこむように構え、糸巻きを押さえながらねじ込むべし

って、回らない・・・、回すように緩くしてみる・・・、糸巻きが止まらない・・・

と、最初の弦からあえなく、撃沈したのであった。

仕方がないので、いつものように両手でヘッドと糸巻きを持ち、普通に回して調弦する。このチューナー、割とシビアでかなり合っていないと調弦OKマークの緑のランプは点灯してくれない。

さて、調弦が出来たら、まずは音階の確認であるが、せっかくのクロマチックチューナーである、音階をチューナーで見ながら弾いてみよう。

・・・ ちっとも合わない ・・・ ぉお、なんてシビアなチューナーなんだ!
私の耳では合っているのに、チューナーは納得しないぞ(って、実は自分の耳は一番信用ならない奴なのだ)

と、気がつくと、調弦と音階練習しただけで、レッスンの時間まで残り30分くらいになっている。
だめだ~、これでは、いつまでたってもプレリュードから先に進めない!
と、クロマチックチューナーに付き合うのは早々に取り止め、エチュード系の練習を大慌てで行い、残り15分くらいで今やっている曲の練習だ。

今の曲は、クライスラーの「前奏曲とアレグロ」である。
これは、結構長い曲なので、全部いっぺんにやるのは無理があり、少しずつ進めようと先生と話がついている。で、前回までは最初のAllegro/Andante/Tempoまでの比較的易しいところをやっていたが、今回のレッスンでは3/4拍子に変わった後のAllegro molto moderatoの最初のフレーズまでやることになっている。

この曲、何しろ、ポジションが大きく跳ぶのであるが、
先生曰く「グリッサンド気味にならないように、一音一音はっきり分けて音を出してください」
なんていう無理難題なのだ~、1stポジションの音階ですら上昇下降で同じ音に戻らない私にとって、ポジションを移動して一発で目的の音を出すなんて芸当はとてもできそうにない・・・などと、泣き言を言っても仕方がない。

何しろ、この曲は、「次に何をやりましょうか」と尋ねられたときに自分から「プレリュードとアレグロ、やりたいです」と答えたのだ。
先生は、「ちょっと難しいかも~」と言っていたが、ゆっくり時間をかければ出来るでしょうということで始めた経緯がある。

レッスンではやはり、大きく移動する時のグリッサンド気味の音を注意されたのと、G線からE線への移動の弓の使い方、テヌートやスタッカートのところで弓が滑らないようにというような基本的な指導を受け、音程が怪しいながらも何とかそこそこ弾けた(自己満足)。

次回はTempoのところまでを終了しましょうということになり、先生がピアノの楽譜を持ってきて伴奏してくれるそうだ(楽しみ)

えっ?この曲は録音しないのかって?
いやいや、こんな時間にeagleを弾いたりしたら、ご近所迷惑はなはだしいので、録音はまたの機会にということにしよう~

と思ったが、エレキバイオリンのroseなら、今の時間でもOKということで、さくっとまとまりが良い最初の方だけを演奏してみた。
例によって、真の勇者以外はクリックしないように♪

2006.2.12録音 クライスラー・プレリュードとアレグロ(rose)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
バイオリンレッスン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます