So-net無料ブログ作成

Pentaxから新デジ一登場 [フォトログ]

今使っているデジ一は、Pentaxの ist*DL というもの。
ist*Dから始まるPentaxのデジ一の系列、実は、あまりカタログ比較ではよく分からない優れた点がある。

それは、旧式レンズを用いて、TTL測光ができる。というものだ。
一眼レフの場合、レンズを通して(Through The Lens)測光するのが常識なのだけれど、
最近のデジ一では、この常識が通じないケースが圧倒的に多い。

詳細は技術の話になってしまうから省くけれど、昔の名レンズを使おうと思っても、
絞りが調整できないデジ一ばかりなのだ。そんな中で、Pentaxは、一段ステップは必要でも
必ずTTL測光が可能な手段を用意してきてくれた。




今回のK-xでは、まだユーザマニュアルがサイトにアップロードされていないけれど、
対応レンズの表を見る限り、今までと同様に、ユーザの資産ならびに遊びに十分対応してくれそうでうれしい。

ここからは、少し専門的な話。

デジ一は、最近では、レンズ内のマイコンからレンズとカメラの接続接点を通して
情報をカメラに送ることで、レンズの制御をしている。昔のレンズには当然ながらこんなものはない。

本当に大昔のレンズは、絞りを絞ると、ファインダーが暗くなって、ピントが合わせられなかったが、
一眼レフが普及し始めたころに、通常は絞り開放で、シャッターを押すときだけ、設定した絞りに
絞り込む方式が主流になった。

この設定した絞りに絞り込むというのは、レバーを機械的に押すことで実現しているのだけれど、
最近のデジ一には、このレバーを押す機構がないものが多く、シャッターを押しても絞れないので、
絞り開放でしか撮影できないのだ。

Pentaxのデジ一は、レバーを押す機構を備えていて、昔のレンズでも絞込みができる。
ただし、レンズの情報が入らないので、この部分は、マニュアル露出モード時だけ動作するように
制限がかけられている。(しかも、一度、絞りリング利用の設定をメニューからしておかなくてはならない)

本当は、メニューの設定で、Av優先モードでも絞込みをしてくれるとうれしいのだけれど、
そこまでは、期待しすぎなのだろう。

Mモードでは、カメラはあらかじめ設定した絞りとシャッター速度で露出するのだけれど、
Pentaxのデジ一では、このモードで、(機種によって名称が違うけれど)Avボタンを押すと、
一旦絞り込んで露出測定し、その露出にあわせてシャッター速度を決めてくれる。

他社のデジ一では、すべて自前で露出・シャッター速度を決めなくてはならないし、
露出を設定しても、自動絞込みができなかったりするしで、旧式レンズは、装着できても
実質実用にはならない。(常に絞り開放でしか使わない人は別だが・・)

ということで、本当にカメラ・レンズ好きならPentaxを使えということだ(笑)

もちろん、「自分は最新のレンズにしか興味がない」のであれば、別だけれど・・
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます